ラジオの話をもうひとつ。「高橋源一郎の飛ぶ教室」すごく勉強になるのですすめたい。

ほっとひと息
DSC_0386

知る人ぞ知るという表現は

失礼にあたるかもしれません。

けど実際、自分もラジオ番組で

初めて高橋源一郎さんのことを

知りました。本当にもっと早く

出会いたかった。もっと早く出会って

いれば、もっと早く文学の世界を知り、

文章の世界に入っていたのかも。

まぁ実際にはお会いしては

ないんですけども。

高橋 源一郎(たかはし げんいちろう、1951年1月1日 – )は、日本の小説家、文学者、文芸評論家。明治学院大学名誉教授。

Wikipediaより引用

毎週金曜日の午後9時5分~

NHKラジオ第1にて放送中の

「高橋源一郎の飛ぶ教室」

その名の通り、学校で授業を

受けてるような気分になるラジオ。

源一郎先生のはじまりのお話は必聴

一コマ目、二コマ目までの授業スタイル

一コマ目には本の紹介を。

二コマ目には源一郎先生がいま知りたい

ことをゲストを招いて聞きだします。

源一郎先生の冒頭のお話は

以前、すっぴん!という番組でも

パーソナリティをされていて

その頃から続いてる源一郎先生の

スタイル。これが大好きなんです。

話の内容は多岐にわかれており

ご自身の経験談からのお話や

現代のニュースへの切り込みだったり

言葉で表せるほどの表現力は

自分にはありませんが、お話に

引き込まれてしまうんですね。

声のトーンなのか文章の構成なのか

冒頭だけでも聞いて欲しい!ほんと!

それと二コマ目のゲストを招いて

お話を聞くコーナーは

特に女性。いま活躍している女性の

作家さんや詩人、デザイナー、登山家

などなど。

自分も女性の活躍してる姿は

すごく好きで「美しい」とか「綺麗」だなと

感じてしまいます。

男性にはだせない。うらやましい魅力。

まぁうちの奥さんが

一番魅力的ですけどね。マミー。

話はそれましたが、

とにかく1度聞いて欲しいんです。

なんなら冒頭だけでも

冒頭を聞いて貰えたらそれでもう

飛ぶ教室の生徒になりたく

いや、もうなってますから。

関連記事>>>

本日の晩ご飯。

DSC_0384
  • 主菜︽︾納豆炒飯︽︾
  • 副菜︽︾みそラーメン︽︾
  • 副菜︽︾チャーシュー︽︾
  • 野菜︽︾ロマネスコとトマト︽︾

本日Twitterのお仲間の茶リンさんより

茶リンさんのTwitterアカウント

アドバイスをいただきましたので

先に献立をだすことにしました。

ちょっと見た目はあれですけど

これからなおしていきます。

チャーハンでまた顔を

作ってみたんですが、絶望的に

かわいくない。なんでネギで

目を作っちゃうかな。

コメント

タイトルとURLをコピーしました