よく聞かれる質問は自分なりにストーリーを持とう。...ちょっと何言ってるかわかんないです。

ほっとひと息

パピーがよくされる質問といえば


なんで北海道に来たの?


実家が秋田なのに北海道に住んでいると


やっぱりよく質問されますね。


「長男なのに帰んなくていいのか!」


「なんかむこうで悪い事して帰られないんだろ!」


「秋田のいぶりがっこ頂戴!」


といったように余計な一言も言われることも


よくあります。余計なお世話だ○○野郎!!笑


失礼しました。取り乱しました。疲れかな??


それで一体何がいいたいんだよ!○○野郎!


えっとですね。ものにはそれぞれストーリーがあって


そういったストーリーを上手く伝えることが出来たら


相手にもより伝わりやすい。というのを最近学んだもので


意識してやってみようと思った次第であります。


【ストーリーの伝え方①】心に刺さる物語を制する者は人生を制する(Stories That Stick)

一品目


牛肉のステーキ。


以前も作った牛肉のステーキ。


下味は焼く直前→肉汁が出てしまうため。


オリーブオイルでマリネ(油をまとわせる)


火のついてないフライパンから焼き始める。


最初は強火で肉汁を閉じ込めるイメージで。


両面焼き色がついたら少し蒸し焼きに。弱火。


そうするとお肉はやわらか。肉汁ジューシー。


肉にもよるだろうけどかなり美味しく焼けてる


気がします。今回のお肉もオーストラリア産。


値段は600円くらい。


二品目


冷奴。酸味のあるタレで。


梅と黒酢を使ったタレで頂く冷奴。


きゅうりとカイワレ、ねぎ、かつお節を


使っています。酸味があってさっぱり。


お豆腐は木綿。手でちぎると味が付きやすい


気がしています。冷奴美味しい。


三品目


ちくわ、きゅうり、カイワレのシャキシャキサラダ。


冷奴のタレの材料の半分をサラダに。


カイワレがあるとシャキシャキと食感が


楽しめるのでいいですね。味付けは中華風に。



四品目


ステーキと蒸し焼きにした野菜。


ステーキを蒸し焼きにする際に


一緒にお野菜も投入。肉汁も染み込んで


いい感じに仕上がりますね。


ステーキにかけるソースはフライパンに


残った肉汁をつかって。


ケチャップ、ウスターソース、ハチミツを


煮詰めたら完成。野菜にもかけました。


ちなみに


なんで北海道に来たのか?の答えです。


水曜どうでしょうが好きだから!以上!


うん、もっと中田敦彦さんの動画を


勉強しなおせ!この○○○○野郎!


関連記事>>>しらたまんさん作!恐怖!100の質問にパピーが答えてみた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました