話しかけにくいのに。にくいやつ。

ほっとひと息
DSC_0106

昨日のブログで

「話しかけられやすくなりたい」と

いったばかりであれなんですけれども

本日は話しかけられにくいのに、

にくいなぁってひとの

話をしようと思います。

にくいってのは憎いって

意味ではございません。

「にくいね!この!」

のにくいです。伝わりますかね?

話しかけやすいひとではないんです。

ただこういうひとも得だなぁと

こうなるのもいいなぁと

少し街からははなれたところ

大きな川の流れる道の途中に

そのお店はあります。

日曜日だというのにいつも

そのお店はやっているかどうか

パッと見ではわかりません。

車から降りて入口の

ドアまでかけよってようやく

「OPEN」

あっ開いてるんだ。とわかります。

なんのお店かとゆうとケーキ屋さん

有名なお店ではありません。

自分も3回しか来たことはありません。

そのうち1回はお休みでした。

初めて入ったそのお店。

ドアを開けるとインターホンがなる

タイプ。オシャレな感じ

ではありません。

昔からある洋菓子店という雰囲気。

店内にはだれもいません。

おくのほうにキッチンがみえたので

そちらにいるのかな

でも物音ひとつ聞こえません。

「インターホンなってたし

そのうちくるだろう」と

お店をみてまわったり

ケーキをえらんだり

このお店が紹介されている

雑誌を読んでみたり

それでも全然だれもくる

気配すらありません。

さすがに待ちきれなくなって

もういちど入口のドアをあけ

インターホンをならしてみました。

それでもきません。

「ここまできてなにも買わずに

帰るのはもったいないよな。

娘も奥さんも楽しみにしてるし」

娘と奥さんは車で待ってました。

「すいませーん」

マスクを外して

もう一度大きな声で

「す!い!ませーーーん!!」

ガタガタっと奥で音が聞こえました。

「はぁようやくきたよ。寝てたのかな?」

ちょっとムッとしていた自分は

お店の人がでてきても

ムッとしてやろうと思いました。

ムムムッ。

急ぐわけでもなく

あわてるわけでもなく

お店の人が近づいてきます。

「いらっしゃー…ぃ」とこちらを

チラリとみたと思ったらすぐに

背中をむけて箱をガサガサ

これはムムムッなやつ!

「すいません。お待たせしました」

くらい言ってくださいよー!あぁ!

「はぁもういいや。娘も奥さんも

待ってるし、早く買って帰ろ…」

後ろをむいたまま

ガサガサやったまま

のお店の人に

「これとこれとこれを

2つずつお願いします」

「はいょー…」

ムムムムムッ!

「ふぅー…沈着冷静に…深呼ふぅー…」

ケーキを取り出すとまた

背中をむけて箱にケーキをガサガサ

まだいちどもお店の人は

自分のほうを見ない、目が合わない。

話しかけられたくないひとなのか

そもそもひとがきらいなのか

なんにせよ二度とくることはないなと

早く奥さんに話したいなと

考えながらムムムムムムムムしていたら

「これだと箱にすきま空いちゃうから

シュークリームつめとくね」

ムムエエエエエーーーッッツ!!??

ツンデレ!?そんな急にくる!?

「えっ!ありがとうございますー!」

あっさりとやられてしまいました。

あまりにも予想外だったので。

その後もおじさんは…

あっ。ようやくここでお店の人を

ちゃんと見れた気がします。

50代くらいの男性で無精髭。

うつむき加減でしたが笑いもします。

目は合わせてくれませんでした。

「コーヒー飲むかい?ホットだけど」

「ひとつでいい?」

と奥さんの分まで用意してくれたり

「ちょっと待ってて」とちっちゃいケーキ

をくれたりと。

笑っちゃいましたよ。自然に。

結局そのお店の

リピーターになってしまった自分。

そしてそのお店のおじさんを

好きになってしまった自分。

こんな好かれ方があるんだなと

昨日のブログの話しかけられやすいひと

とのギャップにおどろきつつ。

あんなおじさんもいいなと

学べた出来事でした。

本日の晩ご飯。

主菜。寿司。

まぁ大変でした!

握るのがむずかしい!

こんなに精神つかれるとは!

もちろん素人です!

先生は「将太の寿司」です!

副菜。ちらし寿司もどうぞ。

サラダ。ワカメとレタスとミニトマト。

スープ。ワカメのみそ汁。

毎日ワカメ!全然あきてませんよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました